神無月


by k-training
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2005年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧

お雑煮事情②

師走30日(金)
常連のC&Tさんご来店。今日仕事納めで、部活のあと店に寄ってくれたのだ。渇いた喉にベアレンのシュバルツをグビグビ、「穴子の梅和え」「章魚のポン酢」をつまみに。程なくして大学の同級生Uさんが来店。こちらも今日仕事納めだったようだがいつになく疲れている。
そんな中、TさんとUさんの奥様の出身、宮古のお雑煮の話になった。雑煮自体はあまり変わらないのだが、餅は汁からすくい上げ、ゴマや、キナコにつけて食べるのだという。初めてUさんが宮古で見たときはビックリしたらしく、そのような食べ方をずっとしてきたTさんは今日の皆の反応をみて軽くショックを受けていた。同じ県内でも色々である。興味深い。
C&TさんとUさん、今年もお仕事お疲れ様でした。そしてご来店ありがとうございました。

閉店後お隣一の○さんに顔を出す。日本料理のこの店は、今晩から明日にかけておせち料理のラストスパートなのだ。今年は大将が倒れませんように。。
[PR]
by k-training | 2005-12-31 05:24 | お客様

来年から目指すもの

師走29日(木)
宴会が終わって一段落した後、K谷さんご来店。今日仕事納めだったらしく、いつもにはないゆったりとした感じ。締めの食事とのことで「汁なし坦々麺」を。K谷さんと、今年飲んだ印象深いお酒は?という話になった。K谷さんは先日S夫妻の家で飲んだ日本酒「松の司」だという。私は、一回に飲んだ量の多さと、シーズン毎に楽しめたということで「ベアレンビール」を挙げた。りんご、チョコ、山葡萄・・・それを飲んだ頃の状況や気持ちが思い出されるのである。そしてオクトーバーフェストではとても楽しく飲ませてもらった。
話をしているうちに、毎日飲めるような年寄りになりたいねぇ~という結論に達した。それには少しのお金の余裕と、なによりお酒を楽しめる体が丈夫であることが大切だよなぁと。よし、この目標に向けて来年から大人の飲み方を目指そう。
K谷さん、ご来店ありがとうございました。
[PR]
by k-training | 2005-12-31 05:04 | お客様

お雑煮事情①

師走28日(水)
常連さんがポツリポツリと暮れのご挨拶でご来店された。その中のSさん、明日実家の大阪に帰省されるとのことで、Sさんの実家のお雑煮について聞いた。ダイコンとコイモをだし汁で炊いた後、極上の美味しい白味噌で味付け。もちろん餅は丸である。キントキニンジンを入れて三つ葉をあしらったりもするのだそうだ。白、赤、緑。目にも鮮やかな関西のお雑煮、いつか食べてみたいものである。楽しい帰省でありますように。ご来店ありがとうございました。
[PR]
by k-training | 2005-12-31 04:40 | お客様

これから歌うんですね♪

師走27日(火)
開店直後にMBGのKさんご来店。今日は練習前の腹ごしらえということで「章魚ラーメン」と「自家製チーズペースト」を。Kさんはジャズピアノ、パイプオルガンなど鍵盤楽器をこよなく愛する才女である。私もKさんのピアノに何度か癒されました。またどこかで聞けたらいいなぁ。ご来店ありがとうございました。
[PR]
by k-training | 2005-12-31 04:24 | お客様
師走26日(月)
予想はしていたが店の前が雪で一杯だった。しかも除雪車による路肩の雪も固くなっている。なんとか壁のように雪を積み上げ、車一台分のスペースをつくる。そして開店1時間後、隣の一の○さんとの境をふと見ると・・・山積みの雪が減っているのである。なんと一の○さんの常連のお客様、畠山工業さんのトラックに積んで捨てに行ってくれたのだ。ありがたい!2回目以降からは私もトラックに積み上げるのをお手伝い。お陰様で境の雪の山がなくなった。
今回はお隣さんのおかげで助けてもらったが、収まりどころがないこの雪にみんな悩んでいるだろう。例年にない大雪。みんなのイライラが少しでも少なくなるような対策を是非お願いしたいものだ。
閉店後、運転中になにやら車窓にいつも見られないものが、ぶら~ん。ラジオのアンテナが折れてるぅ!!大雪の被害はここにも。皆様もお気をつけください。
[PR]
by k-training | 2005-12-31 04:11

Silent Night

師走25日(日)
いやぁ寝た、寝た。今年最後の日曜だから、あれもこれもと思っていたのに、起きたら日が傾いていた。いつまで寝ていても何も言わない家族の優しさか、しんしんと降り積もる雪のせいか、ほんとによく寝た。
この雪でどこに行く気もおこらず、「義経」の総集編を観て泣く。が感傷に浸る間もなく、母と家の周りを雪掻きする。いやせざるを得ない位の雪だった。これを今日一日の消費カロリーとし、頂き物の「ENGHIENノエル瓶」をお疲れ様ビールとする。つまみはtuk-tukのピタパンにチーズをのせてトーストしたものを。いやはや静かな聖夜でした。
f0020106_347537.jpg

[PR]
by k-training | 2005-12-31 03:48 | ウチ呑み

オードブルも承ります

師走24日(土)
家でゆっくり過ごされるオーナーの義姉さんへ、ご自宅用のオードブルを渡す日。f0020106_2132684.jpgチーズペースト、生春巻き、ピクルス、海老のパプリカ詰め、タイ風鶏の唐揚げ、河豚の香草揚げ、の盛り合わせである。たまにはお店の味を自宅で楽しんでみるのもいいですね。

午前0時を少しまわった頃、昨年鳴らなかった四ツ家教会の鐘が鳴った。昨年は‘災’で今年は‘愛’のせいだろうか?いずれにせよ鐘の音は平和の証だなぁなんてことをふと思う。皆様も良いクリスマスを!!
[PR]
by k-training | 2005-12-25 02:26 | 店からのお知らせ
師走23日(金)
とにかくよく降る雪である。そんな足元が悪い中、クリスマスパーティーにお集まりくださった皆様本当にありがとうございました。福田シェフの料理も「スィートカフェ ウチヤ」のケーキもおいしそうでした。f0020106_5303012.jpg
そして閉店後、近所の某飲食店で忘年会。噂には聞いていたがこれもすばらしい!握りで、ワタが添えられた烏賊、スダチ絞りのホッキ、みそが程よく残った海老、梅肉・塩二種の蛸、ねっとりしためぬけ、そして玉子焼きを。つまみにツブ貝の醤油煮。そして店主が熱く語るかんぴょう巻き。アナゴときゅうりの裏巻きも頂いた。締めにりんごのワイン煮を。どれもこれもきちんと仕事がしてあり、素材が充分に生かされる醤油なしで頂く寿司に感動した。至福である。ご馳走様でした。
[PR]
by k-training | 2005-12-24 05:50 | 食べ歩き
師走22日(木)
とても素敵なクリスマスリースが届いた。先日、オーナーの義姉さんとお友達Kさん等の飲み会を店でしてくださったのがご縁である。フレッシュな素材に可愛い装飾が施されたとても豪華なリース。これでクリスマス気分がぐんと盛り上がる。25日までドアに飾らせて頂きます。ありがとうございました。
f0020106_572282.jpg

時に本日22日は冬至。これからますます寒くなるのだが、明日から日が少しずつ長くなると思うとちょっと救われる。日本ではこの日に南瓜を食べると良いと言われるが、中国ではワンタンなそうだ。ちなみに私はベアレンのウルズスに焼餃子・・・あまり関係ない。
[PR]
by k-training | 2005-12-24 05:09 | お客様

焼酎新着

師走21日(水)
注文の焼酎が届く。今回のおすすめは麦焼酎『襲(KASANE)』。f0020106_450096.jpg12月の初めこのラベル‘襲’を見た時、平安時代の装束の配色‘襲の色目’を連想した。今時期なら‘枯色’‘氷重’‘松の雪’・・・。四季折々の植物や自然の風物にちなんだ配色は当時の人々の感覚の鋭さと美意識が伺える。・・・脱線したがここでの‘襲’は年を重ねること、すなわち長期熟成酒のことである。その味わいは小説のタイトルにもなっている有名高沸麦焼酎にも匹敵、それ以上?の柔らかい香りを醸し、まろやかな味に仕上がっている。ラベルも凝っていて、美智子様出入りの鎌倉の和紙を使用。描かれている数本の線は、女性の髪を模しているのだという。とにかくお試しあれ!
[PR]
by k-training | 2005-12-24 04:55 | 焼酎